トップ / 観光業でデフレを脱却

観光業でデフレを脱却

観光で日本を明るく

観光を成長戦略にしましょう

少子高齢化が全国的に問題視されていますが、過疎化の進む地方集落では、若者が働き口を求めたり、便利な暮らしをする為にどんどん故郷を離れていき、ほとんどの住民がお年寄りというところが多く存在します。大体そういう地域は自然が豊かで都会の人が時々訪れてホッとできるような場所です。そこに目を向け観光を成長戦略のポイントとすべきでしょう。自然だけでなく、国宝級の何かがあるとか、貴重な文化遺産があるなど、また名物の美味しい料理が食べられるなどを人々が興味を持つような何かとリンクさせ、話題に上らせることが重要です。例えば、その土地を舞台とした面白い推理小説がベストセラーになれば、そこを訪れたくなる人も出てくるでしょう。観光を何かと結びつけることで、今の過疎地を活気のある町にすることができるかもしれません。

観光,文化

海外が驚く日本のホスピタリティ

デフレ経済を脱却する為の成長戦略の1つに観光産業が期待されています。欧米人にとっては日本は東洋の神秘と伝統と近代科学が調和した美しい国と映り、アジアの人にとっては、安全安心でホスピタリティーに優れた国と映るようです。もちろん富士山の美しさ、京都や奈良の神社仏閣などの世界遺産も観光資源ですが、外国人の方は意外な物にも興味を魅かれ、感動を抱くものです。自動販売機の多さは、どこの国の人も一様に驚き、日本の安全で治安の良さを感じる象徴です。地方の変哲もない温泉宿に外国人が大挙して訪れる要因が、参加型の宿でのイベントとホスピタリティーが口コミで広がったからと言う例もあります。日本人が当り前で気付かない事も、日本の魅力となるのです。こうした事を掘り起こし、外国人を更に日本に呼び込む努力が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 旅行で観光する魅力について. All rights reserved.